お気に入りに登録

【連載】「できる」に注目する高齢者看護

リスクはあっても尊厳は保つ!~高齢者の生活に重点をおいた感染対策~

執筆 野呂 修平(のろ しゅうへい)

青梅慶友病院 感染管理認定看護師


目次

※「2.感染症に対する知識不足」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


高齢者の感染管理における課題

1.標準予防策の不徹底できていそうでできていない手洗い

 高齢者は、加齢に伴い生体防御機能が低下し、感染しやすくなるといわれています。病原性の低い微生物でも感染症を発症することがあり、重症化しやすく、注意が必要です。
 
 特に、入院中の高齢者は、食事や排泄、移動や口腔ケアといった日常生活のさまざまな場面で援助を要することが多くなります。つまり、看護師が接触する機会が増えるということです。感染の原因となる微生物を拡散している大きな要因の1つは、私たち看護師の「手」なのです。感染管理の要は標準予防策の徹底です。正しい「手洗い」はできているでしょうか。
 

2.感染症に対する知識不足

>> 続きを読む
ページトップへ