お気に入りに登録

【連載】コーチング・ティーチングを活かしたCKD看護指導の極意

【CKD指導】透析を嫌がる患者さん

解説 喜瀬はるみ

東葛クリニック病院 透析統括師長 / 透析看護認定看護師

Q.患者さんが透析を嫌がり、説明を聞いてもらえません。また、表情が乏しく、受け入れができているのか、わからない患者さんもいます。

 透析が導入となり、他院からの紹介で来院した患者が透析を嫌がっており、「週に何度も病院に通うのは嫌。もう何もできなくて、こんなふうじゃ私の人生はおしまい」と言って指導に入ることができません。
 
 また、食事制限の必要性を説明していると、「はいはい、わかったわかった」と軽い返事で話を打ち切られてしまい、本当に理解しているのかわからない患者もいます。本当に理解できているか確認しようと質問を重ねると「うるさい、そんな話はもう聞きたくない」と怒り出してしまいます。
 
 ほかにも導入説明をしている間中、表情が乏しく反応がなく、視線も合わせてもらえず、「質問がありますか」と尋ねても首を振るだけで、受け入れてくれているのかいないのかが、わかりにくい患者がいます。
 
 それぞれどのように対応すればよいのでしょう?
 


MEMO 患者は、単に不安なだけ。教えてもらう姿勢は、患者があなたを受け入れてくれるための第一歩!

>> 続きを読む
ページトップへ