お気に入りに登録

【連載】看護師のための輸液講座

第14回 カテーテル挿入時の高度バリアプレコーション

監修 日本コヴィディエン株式会社

シングルユース医療機器の製造及び販売、並びにこれらに関連する一切の事業

執筆 井上善文

医療法人川崎病院 外科 統括部長

S yu00 min

【目次】

※「高度バリアプレコーションは本当に有効?」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


カテーテル関連血流感染症(catheter-related bloodstream infection:CRBSI)が院内感染症の重要な要因であることが認識されるようになり、さまざまな対策が講じられるようになってきました。このCRBSIという用語ですが、現在、CLABSI(central line associated bloodstream infection)という用語の方がトレンド、みたいな感じで使われている領域もありますが、これは注意して使うべきだと思います。CLABSIの場合は、associatedという用語が使われているように、かなり広い範囲を含んでいます。とにかく中心静脈カテーテル(central venous catheter:CVC)が挿入されている状態で感染症が発生すればCLABSIということになります。CRBSIではない場合も含んでいます。ですから、私は、アメリカでCLABSIという言葉が出現したから、という安易な理由でそのまま日本に導入する必要はないと考えています。もちろん、CRBSIという用語もアメリカから来た用語ではありますが。CDCのガイドラインではCRBSIという用語が使われています。ということで、ここではCRBSIという用語を使うことにさせていただきます。
今回の話題は、中心静脈カテーテル(central venous catheter:CVC)挿入時の高度バリアプレコーションについて、ということにさせていただきます。これがCRBSI予防の第一歩、という意味です。(図1)

中心静脈カテーテル(central venous catheter:CVC)挿入時の高度バリアプレコーション

高度バリアプレコーションとは

かつて、高度バリアプレコーションが話題にもならなかった頃は、清潔手袋はもちろん使いましたが、カテーテルキットの中に入っている紙の、小さなシーツを使ってCVCを挿入していました。せいぜい50cm四方程度だったでしょうか。丸穴も開いていないものもあり、そういう場合にはハサミを使って切りぬくようなこともせず、手で破って穿刺部を作っていたように思います。帽子もかぶらず、マスクもせず、もちろんガウンも着ていませんでした。(図2)

CVC挿入時の標準バリアプレコーション

確かに、『俺は鎖骨下穿刺が抜群にうまいから、バイ菌が入る可能性がないくらいスパっと挿入してみせる』という感じでいたのかもしれません。 しかし、なかなかCVCが挿入できなかった場合、時間がかかって汗(冷や汗?)が術野に落ちたり、セルディンガー法で挿入するCVCではガイドワイヤーがはねて清潔ではない白衣に触れたりすることはありましたね。落ちた汗はどうする?イソジンRや酒精綿で拭ってそのまま操作を継続してましたね。結構いい加減な方法でCVCを挿入していたように思います。こんな場合、帽子をかぶっていたら汗を吸い取ってくれていたと思います。 現在は、汗を吸い取るハチマキのようなものも発売されています。(図3)

汗を吸い取るハチマキ

外科医は汗かきはダメだ、と言っておりましたが、ま、そういう汗取りも開発されていますので、大丈夫です。

>> 続きを読む
ページトップへ