お気に入りに登録

【連載】看護師のための輸液講座

第18回 中心静脈カテーテルは定期的に入れ換える必要がある?

監修 日本コヴィディエン株式会社

シングルユース医療機器の製造及び販売、並びにこれらに関連する一切の事業

執筆 井上善文

医療法人川崎病院 外科 統括部長

S yu00 min

中心静脈カテーテル(central venous catheter:CVC)はいつまで留置できるのか?そんなことを考えたことがありますか?答えは、『いつまでも』留置できる、でいいと思います。『いつまでも』とは言っても、具体的にはどのくらいの期間なのですか?ということになりますが。とりあえず現在のカテーテルの材質であれば、10年以上、という答えにしておきましょう。もちろん、これは長期留置用カテーテルの話です。
しかし、それなら、通常、病棟で使われている短期用カテーテルと言われているものはどのくらいの期間留置できるのですか?これもカテーテルの材質がシリコーンやポリウレタンでできていますので、かなり長期間留置できるはずです。要するに、合併症を起こさずに管理すれば、かなり長期間使用できるはずです。一番重要な合併症はカテーテルの感染なのですけど、と言えば、とにかく感染させない管理をすれば長期間留置して使用できるはず、ということになります。もう20年以上前になりますが、いわゆる普通のカテーテルで在宅静脈栄養をやっておられた患者さんがいました。自分で感染しないようにと『気をつけて、気をつけて』管理しておられ、当時のシリコーンカテーテルが材質として劣化するまで、という表現が適切でしょう、7年間、使用されていました。抜去したのは私ですが、少し引っ張るとプチプチと切れる、という段階まで使っておられました。要するに、管理さえ良ければ、このくらいの期間は現在のカテーテルの材質であれば留置可能である、ということです。(図1)
シリコン製CVCの写真
それでは、なぜ、こんなタイトルを第18回の『看護師の輸液講座』に選んだのか?という疑問が湧いてくると思います。いつまでも留置できるんでしょう?感染対策さえきっちりとできていれば、という考えになったばかりなのに。
『感染対策さえきっちりとできていれば』というところがポイントです。『きっちりと』とは言っても、完璧ではありませんし、患者側の問題や、管理中の小さなトラブルなども起こる可能性があります。逆に言えば、『感染対策がきっちりできていなくても、感染する前に入れ換えればいいんだ』と考えておられる方も多いようです。それに対して、なんらかの回答らしきものをお伝えすることができればいい、と思ってこのタイトルを選んだのです。

なぜ、CVCを定期的に入れ換えるべき、という考え方がある?

当然のことですが、留置期間が長くなるほど、CVCが感染する機会が増えます。単純に考えると、CVCの皮膚挿入部の固定糸が感染する機会が増えますし、輸液が汚染する機会が増えますし、側注などをしているとそこから感染する機会が増えますし、輸液ラインがはずれたり血液が逆流したり・・・、という機会も増えます。だからある程度の期間が過ぎれば、感染する前に入れ換えた方がいいのではないか、ということになるのです。この考え方が過ぎると、『3日毎に入れ換える』、『1週間毎に入れ換える』、ということになってしまうのですが、そんな短期間では・・・と思いませんか?
また、入れ換えるなら新しく穿刺するよりも、ガイドワイヤーを用いて入れ換える方が安全であるという検討も行われています。これについては、私は、定期的な入れ換えではなく、発熱をきたしてカテーテル感染かの診断がつきにくい場合にガイドワイヤーを用いて入れ換えて診断する、という方法もある、という論文 は発表しています。(図2)

GWを用いたCVC入れ替え手順

>> 続きを読む
ページトップへ