体位変換・ポジショニング

自分自身で身動きが取れない人や、身動きが不十分な人に対し、介助者が定期的に体位を整えることを体位交換といい、クッションやポジショニング枕(体圧分散用具)を用いて患者さんの安楽な状態を保持することをポジショニングといいます。適切なポジショニングや体位交換は、拘縮、変形の予防や、循環障害(褥瘡)の予防になります。ケアの際には、ボディメカニクスを意識するなど介助者の身体に負担がかからないよう注意して行います。

記事一覧

ページトップへ