お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【必修】ショックを起こした患者に最も適切な体位はどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

関連記事
ショックの定義、症状、診断基準と見極め
ショックの5Pとは?ショックの起きる原因と対処方法

【入職後がイメージできる!】国試後~入職までに読みたい連載
スーパープリセプターSAKURA

【必修】ショックを起こした患者に最も適切な体位はどれか。

  1. 腹臥位

  2. 頭部挙上

  3. 下肢挙上

  4. 左側臥位

―――以下解答―――

(解答) 3

<解説>

1 .(×)腹臥位は、肺や心臓が圧迫されるため、適切な体位ではない。

2.(×)心原性ショックであれば、静脈還流を減少させ、肺うっ血を改善させる目的で、ファウラー位か起座位にする。

3 .(○)出血性ショックであれば、下肢を挙上することによって、500mlほどの血液を重要臓器にまわすことができる。

4.(×)左側臥位は、腹部の重みで妊婦が自分の下大静脈を圧迫し、気分不快が出現したときにとる体位である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策