お気に入りに登録

【連載】基礎からわかる精神科看護

【精神看護】第3回 妄想患者の看護とは

監修 医療法人財団青溪会 駒木野病院

精神科専門病院

D374d95049b72c086bb3dc28ad53211f

関連記事
第2回 幻覚患者の看護とは
第4回 せん妄患者の看護とは
第5回 抑うつ感情の患者の看護とは

妄想患者の看護とは

妄想の定義

妄想とは、思考内容の障害であり、内因性精神病の代表的な一つとされ、現実にそぐわない強い主観的革新に裏付けられて訂正が効かない観念です。

妄想のでき方により、

(1)漠然とした不自然な雰囲気を感ずる妄想気分から個々の事象・現実にそぐわない具体的意味を知覚する妄想知覚に至る系列
(2)周囲に無関係に湧きあがってくる妄想着想

とに大きく区別できます。

主な妄想には、被害妄想、関係妄想、注察妄想、誇大妄想、血統妄想、嫉妬妄想、恋愛妄想、追跡妄想、被毒妄想、心気妄想などがあります。

>> 続きを読む
ページトップへ